株式会社ロゴ
トップ TOC-PMについて 提供プログラム 会社案内 ライブラリ
[ 項目内メニューへジャンプ ]
トップ > 会社案内 > (株)ロゴのミッション

(株)ロゴのミッション



株式会社ロゴはTOC の提唱者であるエリヤフ・ゴールドラット博士が創設したAGI(Avraham Y. Goldratt Institute)の技術指導を受け、プラネット鰍フメンバー6名で2003年5月に設立されました。

「日本のモノづくりを支援する」を企業理念とし、
「日本のモノづくりを支えるエンジニア(技術者やスタッフ)が活き活きと輝きながら活動できる環境作りに貢献する」ミッションを実現すべく活動を進めています。

(脚注)モノ:ハードウエアー、ソフトウエアー、システム、サービスを意味する。
つくり:作り、造り、創り全てを含む。
日本:日本企業の海外事業所とそこで働く人たちを含む


潟鴻Sは、新マネジメント技法を使って、日本のモノづくりを支援する、コンサルティング&トレーニング企業です。潟鴻Sの新マネジメント技法は、生産のみならず開発の現地化などグローバルに適用できます。エンジニア(技術者やスタッフ)が活き活きと輝きながら活動できる環境作りに貢献します。
新マネジメント技法の代表として、「CCPM/6つのモジュールR」があります。
「CCPM/6つのモジュール」とは:「CCPM/6つのモジュール」とは、体系化された科学的な仕事の段取り術であり、業務遂行チームを束ねるマネジメント力を技法化したものを言う。有期性、独自性、価値創造を行なうプロジェクトにおいて、そのチームの行なう業務を開始から完了までのプロセス、6つのモジュールにまとめたもの。6つのモジュールは、プロジェクト目標、スケジュール、実行コントロールなどからなり、プロジェクトチームのマネジメントを行なう重要な役割を全て包含している。中でも、プロジェクト目標の明確化、見える化、共有化を手法化したこと、従来欠落していた経営と現場をつなぐマネジメントのメソッドとして活用できるところに大きな特長がある。なお、CCPMとはTOCを活用したPMで、クリティカルチェーン プロジェクトマネジメントのことである。

ページトップへ

会社概要
(株)ロゴのミッション
著作
広報
パンフレット・提供資料
PMプロジェクト・マネジメント
ページトップへ